自分の殻を破ってファーバーカステルの24色色鉛筆に挑んでみた

スポンサードリンク

ドイツの高級水彩色鉛筆…ファーバーカステルの24色セットを買ったので使ってみようと思います。
水彩色鉛筆ですが今回水は使わずふつうの色鉛筆として塗ってみます。

絵には金をかけずに愛をかけるんじゃあとなぞの意地を張りがちの私ですが
今回の思い切った新しい画材には胸が踊りっぱなしですルンパッパ!

kansei

 

はっじめるよー

 

ちょうど一年くらい前にクロッキーブックにざざっと描いたこのオリジナル獣耳娘に着彩します。

あからさまなコピー感はあとで物理トリミングでどうにかします。
ちなみにダイソーの木材コーナーにあるMDF材を画板にしてみたらすっかりハマり愛用してるです。

01

いよいよ握ったファーバーカステル

02

こんな綺麗に揃った色鉛筆は小学校の入学祝い以来でとても緊張します
あと安易にこの絵選んだけど肌塗るの苦手だって気づいて露出度に少し後悔してる
だがしかし越えて行く

03

 

04

書き味良すぎてプレッシャーすら感じます…
髪の色何にしようかなぁ

05

色彩検定のとき勉強した内容、難しくて大体を忘れたけど
コンプレックスとナチュラルの配色の違いは今でもかなり考える

そしてやらかしそうな気はしてたけど過程の写真撮るのウッカリすっとばした
目の色どうしようかな

06

シャツの色は何色にしましょうか(//▽//)
こんなに腹出してシャツとして着る気あるんでしょうか(//▽//)
まぁわたしはこういうの応援する派です(//▽//)

07

気分でストライプにしました(´・▼・`)

23

人物の基本の着彩が完了しました

これから仕上げに移りまするング

09

仕上げ〜

10

影を落としてるところに青紫を足して、
明るくしたいところは消しゴムかけて黄色をのせてナチュラル配色を目指してみてます。
ところどころはそれを逆にしてコンプレックス起こさせるつもりで遊んでみてます。
仕上げ続きます。

11

赤色は強いわりに油断して使っても悪さをしにくいのでデジタルでもアナログでもいろんな仕上げに差し込んでます。
あと空気遠近法とは違うと思うんですが、水色でなんか空気感を演出する感じしてみます

しかしこの色鉛筆描きやすすぎ仕上げ続きます

12

青(群青?)色で濃く塗るアクセント部分を作る。一つ前の画像に比べてだいぶ引き締まったのではないかと…希望シマス

普段はここまでくると色を重ねても乗らないためここで黒の油性ペンとか使うのでこの色鉛筆すごい

 

高級だとロウが少ないのかな?
水彩色鉛筆っていうのもいいのかも

13

14

思ったより面白い感じになってきました

15

丸めたティッシュと大きめの消しゴムの面の部分で背景をぼかしました。
ティッシュは、指の腹を使うよりふわふわ丸めたものでこすったほうがいい感じな気がします。

だんだん完成が近いはずです

16

 

18

他の消しゴムを使って、さらに、雲を消したりぼかしたりしました。
(さっきの消しゴムはだいぶ色がついたのであとできれいにします)

そして黒色鉛筆で葉っぱのシルエットを描いてクオリティ高く見えるようにごまかしていこうと思います。

18

19

背景にも人物にもバシバシ消しゴムで明るさを入れていきます
あと赤はやっぱり画面全体をなじませるのに優秀です

20

色鉛筆フェーズ終了ん!

19

物の境界を無視して、画面全体に黄色をざかざか重ねてみました。 人物と背景がだいぶ馴染んだ気がします。

塗りは一旦ここまでで完了! 気になる部分見つかればすこし塗りくわえるかもですが、色鉛筆はしまいます。

物理トリミングだ

21

物理トリミングします。

カッターシャキーン
こいつで切り取って厚紙に貼ります!

22

せっかく厚紙に貼ったのに、手が汚れててかみもよごしちゃった…どうにかします

そして完成

24

完成しました!
紙が三重になり厚くなったけどさっきより真っ直ぐ貼れたし結果オーライで!

ちなみに塗っていた紙そのものは
スーパーファイン紙の印刷面でした。
線画を綺麗に印刷したかったから印刷用し使ったけど色鉛筆のノリも良かったデス!

まとめ・ちゃんとした色鉛筆はすごかった

kansei

自分の普段の色鉛筆…

長年使い慣れているが、いろんなメーカーが混じってるので、
失ってしまったら二度と全員集合できないチーム構成のそいつに

ある意味依存していた私ですが、
思い切って新しいセットを購入してみたら新しい世界がひらけました。

 

 

塗り心地、超☆快☆適!!

 

 

高いと言っても気持ち的に手が出せなかっただけでお洋服ショッピングするよりはるかに安価ですものね
またいろんな画材開拓したいと思えるいい結果になりました。

今回のイラストはpixivにて高解像度でご覧いただけます。

 

今回のメイキングに使った紙と色鉛筆

お試しあれ。