ちょっぴり気合を入れてどうぶつさんたちのキャラクッキーを焼き上げたよ!

スポンサードリンク

実は前々から常々、作りたい作りたいと思っているものがございました。
そう、いかにも!!ステンシルの方法で生地にイラストを描くキャラクッキーです!

昨日冷蔵庫の中に確認した180g以上ある雪印有塩バター。
彼は、今日この日の私のために舞い降りた正義のヒーロー、なのかもしれない…!!

 

というわけでキャラクッキー制作秘話を、
型作りから焼き上げ、そしておいしくいただくまで追ってまいります!!

 

何のキャラクターで作るか、に…迷いはなかったのだ

 

この方法のキャラクッキーは3、4年前に実は何度か作っていたのです
がその時はアニメのキャラをモチーフにしていました。
今という今!は!!是非とも、是が非でもこいつらだろ!
というオリジナルキャラクターたちがいるじゃないか!!

main-b2

そう、ちょっぴりおしゃべりで、ちょっぴり個性的なこいつらです

どうぶつさんたちについて詳しいことはこちら↓

型から作っていくよー!

ステンシルのシート、今回の大事な型となる素材は「クリアファイル」。
クリアホルダーとも呼びますね。

A410枚入り108円の極普通の書類用クリアホルダーを購入。

kata0

ペンでキャラクターを描いたら、その線をカッターで繰り抜いていきます。

今回、複数の色を使うので、一匹につきいくつかの型を用意します。 kata2

型をくり抜き終えたら、もちろんですがよ〜く洗います。

ペンで下描きしたこともそうですが、クリアファイルは食品に触れる用の商品ではなく
文具として製造過程や梱包を経てきたので、ここできれ〜いにしましょう。

  • 油性ペンのインクが残ってる場合は、洗う前に乾いた綿棒でこするとよく落ちます。
  • 洗い方としては、食器用洗剤を使い両手で挟んで撫でるように手洗いをしています。
    (細かい作りにしていると手で洗ってても引っかかってやぶれてしまったりするのでできるだけそっと大事に!)

 

クッキー生地は「キャラクッキー」向きの生地で!

なんでもいいんじゃね?と思えるクッキー生地の種類ですが、
細かいデリケートな作業だけにこのために扱いやすい配合で作ることをオススメします。

例えば油分少なめのあっさりした生地だと粉が乗りにくかったり、
焼き上がりがふっくら膨らみすぎる生地だと予想できない仕上がりになったりします(体験談)

 

ひとそれぞれ「扱いやすい」の感覚は様々と思いますが、
まぁうっかり搾り出しクッキーの生地だったりしなければいろいろ試してみてもいいかもしれません。
(ユルすぎィィ!)

 

Cpicon キャラクッキー生地★+゜ by ちゃりんとん☆

今回はクックパッドのこのレシピの配合にお世話になりました
(混ぜる手順や焼き時間などの作り方は勝手にアレンジしました)

ちなみにすごく美味しいですこの生地オススメ

 

 

色を付けていきましょう

今回、「絵の具」として使用した粉末の食品は

「ブラックココアパウダー」「ミルクココア」「かぼちゃフレーク」「抹茶パウダー」「いちごパウダー」です。
「かぼちゃフレーク」「いちごパウダー」に関しては粒子が荒いものもあるので、茶こしでふるいにかけ「粉」の状態にして使います。

 

 


ヒヨコを例にしてみます。

まずかぼちゃフレークで黄色いボディの色を乗せます。

(半透明でわかりづらいですが奥に見えるのが型です)

 

クッキー生地の上に自前のステンシルシートを置いて、
料理刷毛でポンポンと粉をのっけていく感じです。

コツ・ポイント

  • 粉を乗せる前に、平らなものでシートをよ〜く生地に押し付けておきます(マッシャーが便利でした)
  • 刷毛につける粉の量で濃淡を調節できます
  • ポンポンと優しく叩いたり、サササッと優しく撫でるようにすると粉が綺麗に乗りやすいです
  • ゴシゴシと強くしすぎると生地が削れて削れた生地が面倒を起こすので注意
  • とにかく湿気が大敵!刷毛もしっかり乾かした状態で使用し、一度上に乗っけてから定着しなかった余りの粉は生地に触れてしっとりしてるので捨ててしまいます(ムダのない使い方がだいじ!)

 

そして、「ミルクココア」「かぼちゃフレーク」「いちごパウダー」を混ぜあわせたもので
くちばしをステンシル。

 

ブラックココアパウダーで線の部分も色づけました。
他の子も別な色使いでこんなかんじに。

 

さーて!焼きますぜー!

抹茶パウダーがあとから見つかったので、急遽ミジンコとインコも型から追加でつくりました。
(作るときに慌てすぎて最初のインコがウグイスみたいです…さてどこでしょう)

うちの老オーブンはあまのじゃくちゃんなので、

180度10分という、レシピ通りの焼き時間では非常に心配です。
…ので、170度10分(予熱あり)に設定してこまめに様子を確認します。

 

 

キャラクッキーは発色が重要!
焼き過ぎないように、十分気をつけましょう

普段作るときはこんがりザックザククッキーがダイスキな筆者も、
キャラクッキーのときは明るい白いクッキーになるようにしっとり仕上げにします

 

うちのオーブンはムラもできやすいのでオーブンにつきっきり…そして

 

無事焼き上がりました!!

170度で8分弱くらいでちょうどいい焼き加減になりました!
(だいじょうぶかこのオーブン気合い入り過ぎじゃないか)

 

サックサクの見た目です

結構ムラもあるけど、うちのオーブンにしてはとても繊細にきれいな仕上がり…!

大きさはこのくらい

あんまり考えずに作ってましたが大きすぎず小さすぎず

作りやすい大きさでした。

メインカップルが一番きれいな仕上がりな気がします。
最初に作ったからいろいろ道具がまだ綺麗だったのだ(シビア)

余った生地をこねなおして面白半分に作ったイロチガイ

 

具合の悪そうなリスさん(緑)
暗黒のリスさん(暗黒)です

 

 

あと奥にもじゃクッキー氏がおります(わたしダァ…)

 

そして美味しくいただきました★

上の写真では楽しく囲まれてる様子の作者もじゃクッキーですが

実は作者自ら非情にも写真を撮りながらドンドンつまんでメンバーを減らしています。
家族にも振る舞い、そして次の日の朝(さっき)にはすべて食べきってしまいました。

 

 

うん…、ものすごく美味しい!

バターと卵つかうとやっぱ美味しいわ〜〜〜素敵だわクッキ〜〜〜〜〜

数年前の作品

oldcharacookie

2011年頃。この頃も気合入ってハマってましたね。

 

 

参考にさせていただいたページと今回使用した材料

Cpicon キャラクッキー by Kanayo(クックパッド)
sweet time(ヤプログ)
キャラクッキー作り方~色、焼くまで~(ヤプログ)